天使のほっぺちゃん

お産の恨みは深い。

1人目の出産の時です。

妊娠中ずっと張りがかなり強かったため、ある晩(今夜はいつになく張りが強いなぁ)と感じてはいたのですが、陣痛だとは気付かずに普通に就寝しました。

でも赤ちゃんも割とよく動くし、何となく時計で間隔を見ながら寝られずにいると、深夜2時に「ゴォン…」と骨盤の中に響く衝撃があったと同時に、破水したのです。

旦那を起こして大慌てで支度をして入院となりました。

陣痛室でようやく陣痛態勢に入った頃、まだ痛みは「だいぶ強めの生理痛」といった感じでした。夫は何をするでもなくソファでボーッとしていたので、「寝てていいよ。さすってもらう程でもないし…」と言ったのです。

とはいえ私だって初めての出産ですから正直不安で一杯でした。本音は「寝ないよ。産まれるのに寝るわけないじゃん」などという反応を予想していたのです。ところが夫は「あ、そぉ?じゃ切羽詰まったら起こしてよ」と言って本当に眠ってしまったのです。

孤独になった途端に陣痛が強く感じられました。
そして、何だか女としてとてもミジメな気分でした。

しばらくすると担当の助産師さんが様子を見に入ってきました。そしてソファで爆睡している夫を二度見して「旦那さん寝ちゃったの?」と私に聞きました。「えぇ、そりゃもう待ってましたとばかりに…」と言うと「…珍しいかも」と言いました。

結局、夜が明けて8時くらいになった頃さすがに起きました。私をさすったりしてくれるのかと思いきや、寝ぼけ半分くらいの状態で、いの一番に会社に電話連絡をしに部屋を出て行ってしまったのです。そして結構長く帰って来ない…。

初めてのお産はとにかく必死で薄らボンヤリとしか記憶がないのですが、夫へのイラ立ちが出産のパワーの7割ぐらいを担っていた事は憶えています。

今だに何かあるとその時の話を持ち出して夫をチクチクと責める私です。…多分一生パワーを落とさず責めるでしょう。

Posted by miki in 妊娠・出産について and tagged with , ,

二人目は超スピード出産!

3年前、一人目を産んだときは陣痛&破水開始から28時間も経っていました。

それも、陣痛促進剤を使い、最終的には鉗子で引っ張ってもらったり、大きな助産師さんにお腹をぐいぐい押してもらって、やっとのこと出てきたので、正直、自分で「産んだ」という感覚がありませんでした。

その為、二人目の妊娠がわかったときから「次は絶対に上手く産む!とにかく息を吐く!」と心に決め、主人にも宣言していました。

動き回る一人目が赤ちゃん返りしてしまったのもあって、妊婦生活はとてもゆっくりはしていられません。
妊娠9ヵ月までは仕事もしていたので、毎日自転車もバイクも乗りました。

雪の日に自転車でもバイクでも転倒したときはとにかく不安でしたが、お腹の中の子は至って順調に育ってくれました。

産休に入ってからもなるべく動くように意識し、いつ産まれてもいい時期に入ってからは毎日呼吸の練習をしました。

この頃は、二人目は予定日より早まることが多いと聞いていたし、実際私の周りも皆二人目は早まっていたのでいつ来るかいつ来るかと毎日ドキドキしていました。

そして、その日は突然来ました。
陣痛&破水で朝目が覚めると、あっという間に陣痛5分間隔。
慌てて病院とタクシーに連絡しました。

病院に着くとすでに子宮口は8センチに。
そのまま分娩台へ行き、あっという間に産まれてくれました。

陣痛&破水開始から1時間15分でした。

しっかり呼吸も意識して、「産む」というより、赤ちゃんが「産まれてくる」というのを感じることができました。

助産師さんにも誉められ、主人と上の子にも立ち合ってもらえて、とても満足のいくお産でした。

Posted by miki in 妊娠・出産について and tagged with ,

体力付けにウォーキングをしました

妊娠後期に近づいてきたので、体力付けにウォーキングを始めました。
きちんとしたスポーツ用の靴下とウォーキング用の靴を履いて準備運動をし、万全にして出発しました。

気候も涼しく、どこまでも歩けるような気分だったので、調子よくスタートできました。
そろそろ入院準備もしなくてはいけなかったのでまずはドラッグストアーへいき、必要なものを見に行きました。

近所のドラッグストアーには100円均一が入っているので、そこでスリッパや、時計や、コップなど買い揃えました。
次々に見ていくうちに、あれも必要。これも必要。となり、カゴがたくさんになってしまいました。

これではウォーキングに邪魔になってしまうので一度帰ることにしました。
両手に袋を持って張り切りのウォーキングシューズを履いた妊婦姿に何度かすれ違った方に振り返り見られてしまって、とても恥ずかしくなってしまったので、電話でお休み中の旦那を呼び出し、運ぶのを手伝ってもらいました。

自転車で来てくれたので、そのままカゴに荷物を入れ、歩くのにつき合ってもらいました。
一人で歩くよりも会話があってやはり楽しかったです。

疲れていたのに付き合ってくれて嬉しかったです。
これなら出産も一緒に乗り越えられるぞ!という気持ちにさせてもらえました!

私の出産風景

私の出産はおしるしから始まりました。早朝にいつも通りトイレが近いので起きて行ったら出血していたので、すぐに入院準備の確認をしました。何かしら忘れていたら嫌だったので、チェックを万全にしました。

とりあえずシャワーを浴びて、これからくる陣痛に耐えるための準備もしました。服装や、テニスボールや、入院してからお家のことができないので、今のうちに掃除機をかけたり、旦那を起こして冷蔵庫などの再度確認などをしました。

お昼過ぎぐらいからチクチクとお腹が痛くなり、夕方には本物の痛さがやってきました。

これはすごい痛い!
足の指からも冷や汗が出る感覚の痛さで、ビックリしました。

そして5分おきになったので病院に電話をして入院になりました。病院に着くまでの車の中も苦しくて、まさかちょっとした振動ですら痛みを増してしまうとは思ってもいなかったので驚きました。

病院についてからも歩いて産婦人科までいき、お腹の張りを見てもらったりして、そこから5時間後に無事に生まれました。途中の記憶が途切れてしまうぐらいの痛さだったのですが、出てきてからは痛みは全くなく、感無量という言葉しか頭にありませんでした。

全身が筋肉痛になったのもこれが初めての経験です。
出産は本当に大変ですが、経験できて、命の大切さを改めて感じさせてもらいました!

Posted by miki in 妊娠・出産について